杉浦 清文 准教授

Associate Professor Kyofumi Sugiura

ksugiura-150x150

プロフィール

“The time is out of joint” [Hamlet]

――時勢にとらわれず、批判精神を大切に。

京 都府出身。博士(言語文化学)。大阪大学大学院言語文化研究科博士前期課程、修士(言語文化学)、大阪大学大学院言語文化研究科博士後期課程、博士(言語 文化学)、英国リーズ大学大学院英文学研究科修士課程ポストコロニアル文学・文化研究コース、M.A. (Postcolonial Literary and Cultural Studies)で学ぶ。

研究テーマ

英語圏文学、比較文学、ポストコロニアル研究

担当科目

比較地域文化特論 Ⅰ・Ⅱ

所属学会

International Comparative Literature Association、日本比較文学会、日本英文学会、日本アメリカ文学会、黒人研究の会、大阪大学言語文化学会、中京大学英米文化・文学会

研究活動

著書

『土着と近代――グローカルの大洋を行く英語圏文学』(木村茂雄他編)音羽書房鶴見書店 2015/9

『戦後史再考――「歴史の裂け目」をとらえる』(西川長夫他編)平凡社 2014/10

『見て学ぶアメリカ文化とイギリス文化――映画で教養を磨く――』 近代映画社 2012/11

『英語文学の越境――ポストコロニアル/カルチュラルスタディーズの視点から』(木村茂雄、山田雄三編)英宝社 2010/4

『ポストコロニアル文学の現在』(木村茂雄編)晃洋書房 2004/6

『グローバル化を読み解く88のキーワード』(西川長夫他編)平凡社 2003/4

など。

教科書

Beginning Postcolonialism『英語で読む現代世界の文化・社会・言語――植民地主義からグローバリゼーションへ』(木村茂雄、山田雄三、杉浦清文編注)英宝社 2015/1

論文

The Ghost and the Maternal Place: Jean Rhys’s After Leaving Mr Mackenzie『国際英語学部紀要』 2013/3

The Ghost and Affective Dissonance: Mourning and Melancholia in Jean Rhys’s Quartet『文学・芸術・文化』 2010/9

Hybridity as Postcolonial Iterability: A Comparison of the Critical Approaches of Arif Dirlik and Stuart Hall 『言語文化学』 2009/4

など。

研究活動データベース

Program in British and American Cultural Studies・英語圏文化専攻

RSS
Follow by Email
Facebook
Google+
http://www.chukyoeibei.org/eigoken/kyoufumi-sugiura/
YouTube
YouTube