細川 眞 教授

Professor Makoto Hosokawa

hosokawa

プロフィール

1949年生まれ。1977年広島大学大学院博士課程単位取得退学。愛知工業大学専 任講師を経て、1980年中京大学文学部英文学科専任講師、1995年文学研究科英文学専攻、英文学科教授。2002年国際英語学部教授,2006年より現職。1985年英国 バーミンガム大学シェイクスピア研究所にて在外研究。2009年9月―2010年1月バーミンガム大学英文学、演劇、アメリカ・カナダ研究学部客員教授。博士(文学)[2004, 広島大学]。

研究テーマ

シェイクスピア、ハロルド・ピンター、イギリス・ルネサンス文化、演劇文化

担当科目

演劇文化特論I・II, 英米文化学特殊演習I・II・III・IV

所属学会

日本英文学会、日本シェイクスピア協会、日本英文学会中部支部・中国四国支部、 国際ハロルド・ピンター協会

研究活動

著書

Harold Pinter and the Self: Modern Double Awareness and Disguise in the Shadow of Shakespeare (Keisuisha, 2016)

『虚と実の狭間で–シェイクスピアのディスガイズの系譜』(英宝社, 2003)

『シェイクスピアのディスガイズの系譜–ヒロインの男装・支配者の変装を中心に』(学書房, 1995).

論文

”Davies’s Disguise in The Caretaker–From the Views of Modernist Negation and the Tradition of Disguise” (「国際英語学部紀要」第15号 ) 2013.3

Double Awareness and the Self in Pinter’s The Collection and The Lover(「  国際英語学部紀要」第11号)  2009.3

”The Theatrical Technique of ‘Doubles’ and Its Workings in A Midsummer Night’s Dream” (「国際英語学部紀要」弟7・8合併号)2006.3

「Jack / Ernest のディスガイズとWilde の「自己」観――’expressivism’ とディスガイズの伝統の視点から―」(『中京英文学』第24号)2004.3

“The Meaning of Rebecca’s Disguise as a Dispossessed Mother in Pinter’s Ashes to Ashes,” The 53 Annual Convention of the Midwest Modern Language Association, Nov. 5, 2011.

研究活動データベース

 

Program in British and American Cultural Studies・英語圏文化専攻

RSS
Follow by Email
Facebook
Google+
http://www.chukyoeibei.org/eigoken/hosokawa/
YouTube
YouTube